内装リニューアル

クリニックを大きく3つのエリアに分け、ポイントをおさえたリニューアルを行えば、低コストでも印象を変えることが可能です。どんな小さなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

パブリックエリアのリニューアル

玄関や受付など、患者さんをお迎えするための空間です。このエリアはクリニックのイメージを左右する場所であるため、優先的にリフォームすることをお勧めします。

リニューアルのポイント

地域や患者さんの雰囲気に合ったデザインにするのがポイントです。特に目が行きやすい床や壁は明るく、清潔なイメージを持ってもらえるようにします。場所によっては素材を変えるなど、メリハリをつけるのも効果的。また、照明を替えたり、ギャラリーや情報コーナーを設けたりしても良いでしょう

セミパブリックエリアのリニューアル

診療までの時間を過ごす待合室やトイレなどの空間です。患者さんが待ち時間を過ごすこのエリアでは、居心地の良さが大きなポイントになります。

リニューアルのポイント

待合室のスペースは広くとった方が良いでしょう。椅子の座り心地なども重要なポイントです。またこのエリアでは、感染症予防対策を行うと患者さんからの評価が高くなります。患者さんのニーズは年齢、性別、診療科目などによって異なりますので、「何を求められているのか」をよく考えるようにしましょう。

プライベートエリアのリニューアル

診療を受ける空間です。プライバシーへの配慮が求められるエリアになります。

リニューアルのポイント

お互いのプライバシーを守る空間をつくるには、壁などで視界を遮る必要があります。しかし、完全に視界を遮るとスタッフが動きづらくなることもあるため、パーティションを立てるなどしても良いでしょう。このエリアでは、限られたスペースの中でいかにスムーズな動線をつくれるかがポイントになります。

株式会社SHIGEZO

リニューアル例

株式会社SHIGEZO

S dental clinic

Shinyuri dental clinic

  • Shinyuri dental clinic
  • Shinyuri dental clinic
  • Shinyuri dental clinic
  • Shinyuri dental clinic
  • Shinyuri dental clinic
  • Shinyuri dental clinic
  • Shinyuri dental clinic
株式会社SHIGEZO
株式会社SHIGEZO